Inu plus+

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

△page top

今日はちゃんと石神井公園。。 


1210DSCF3090.jpg
fujifilm X-T10 +  Cosina Cosinon auto 50mm f1.8

もう、いいかげんにしろよー。おまえー。下手なんじゃない?
…と犬が言う。。

1210DSCF3089.jpg 1210DSCF3094.jpg 1210DSCF3091.jpg 1210DSCF3095.jpg

そりゃーそーだ。
同じ場所で、これだけ撮ってたら…(笑)
とうとう、嫌になって、自発的にお動きになれています→
1210DSCF3093.jpg

1210DSCF2982.jpg

石神井公園は、いつもは、動物病院の後、だいだい夕方に立ち寄る。
この日は、わざわざと朝に来てみた。

1210DSCF3061.jpg

家の近くに、たくさんの動物病院があるが、
動物病院ほど、ぴんきりのものもない。

犬は、自分で不調を口に出して訴えることができない。
診察の状況も犬から教えてもらうことはできない。
だから、病院は選ぶ。

1210DSCF2984.jpg

今の病院は、puzooの時にとても親身に治療してくれた病院で、
当時の担当医だった先生が、現在は医院長になっている。

ぱっと見た感じでは、まるで個人病院なのだが、
先生たちは、4、5人はいて、24時間体制だ。
もちろん、夜間や早朝は割増料金になるが、
年中無休で連絡がつくというのは、それだけで安心する。

1210DSCF3015.jpg

同じような病院がもう1つあり、先生たちは時々異動動する。
土日などは、両方の病院の大先生みたいな人が現れることもある。
手におえないことや、詳しく調べた方がいいことは、大学病院に紹介してくれる。
無理に治療や薬を勧めることもなく、どの先生もよくこちらの話を聞いてくれる。

1210DSCF3034.jpg

caroは、病院をすごく怖がるタイプでもなく、
だけれども、先生たちに、愛想を振る舞うタイプでもない。
病院に連れてこられているのは、何かをするためで、
治療の時は、治療をするのだということが、よくわかっている様子だ。
そこの所は、本当に凄いと思う。
治療中は観念し、出された薬も嫌がらずに飲んだり、塗らせてくれたりする。

1210DSCF3072.jpg 1210DSCF3051.jpg 1210DSCF3046.jpg 1210DSCF3031.jpg 1210DSCF3028.jpg 1210DSCF3014.jpg 1210DSCF2997.jpg 1210DSCF2990.jpg

だからと言って、病院が好きなわけでもない。
どこも悪くないのにつれて来られた時は、それはそれでまたわかる。
予防接種とか、検診とか…。

1210DSCF3074.jpg

そういう時は、「おれは元気だぜ」という顔を先生たちにしてみせている。
先生たちが、「caroちゃんが元気なのは知ってますけどねー」とcaroにそう言うので、
きっと、そういう顔を思いっきりして見せているのだろう。恥ずかしい。

そして、「病院だけじゃすまさないぞ!」と無言の圧力をかけてくるので、
少し足を伸ばして、石神井公園まで行く。

1211DSCF3114.jpg

なので、今朝は、ちょっと不思議そうだった。
公園からの帰りに、病院の方の道に曲がらなかったのを確認した時も、
「ふ~ん、病院とセットじゃないのもありか…」という顔をしていた。

本当にそう思っているかは、わからない。
だけど、要所要所で、何かを確認するのだ。。この犬は…。


(今日は…というタイトルですが、先週のことです。今朝の東京は冷たい雨でした~)


先日、久しぶりに友人の家におじゃまをした。
相変わらずに彼女のすごいところは、
ちゃちゃっとお昼ご飯を作ってくれるところだ。
それも、食べきれないよーという種類が出てくる。
さすがに、男子たち(+女子)を育てている家庭だ。
1203DSCF2906.jpg
で、そんなにいただきましたのに、彼女の家の近くに星野珈琲があって、
いつもは時間がなくて食べられない念願の「スフレパンケーキ」も食べましたよ。
一緒に…。

にほんブログ村 写真ブログへ

関連記事
スポンサーサイト
trackback: -- | comment: -- | edit

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。