Inu plus+

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

△page top

やりたいことがあるのは、きっとイイことなんだ…。 


0627000009.jpg
Hasselblad 500c/m + C Planar 80mm T* f2.8

film機では、あまり連写はしない。
まだfilm機を上手く使いこなせないこともあって、犬は、ほとんどが座った写真になってしまう。
digital機がないと生きて行けない…(笑)
でも、この日、このフィルムの写真達を撮る前に、弾丸のようにdidital機で写真を撮って、
「あぁ、やっぱり、わたし、全然ダメだな・・・」と思った…。

(文章、ぶつぶつと長いです…笑)

0627000035.jpg

最初は、左手の薬指だけだった。
薬指が痛み出したのは、昨年の11月くらいだろうか…。
そのうちに、右手の小指が左手の薬指よりも痛くなった。
年が明けて整形外科に行ったが、なんでもないと言われ、そのままでいた。

0627000036.jpg

しばらくして、全ての指が痛み出した。
なんでもないわけがないと、別の病院に行った。
予想していた通りに、「へバーデン結節ですね」と言われる。
「冗談じゃない、、ハッセルだって買ったのに…」と思った。

0627000023.jpg

わたし自身も、病院に行く前にネットで調べて知ったぐらいなので、
仲の良い友人達の誰一人として、その病名は知らなかった。
原因不明とも老化とも指の使い過ぎとも、色々なことが言われているが、結局はよくわからない。
痛まない人も、すぐに痛みがなくなる人も、10年も痛みが続く人も、症状もそれぞれで、
原因不明と言うことは、治しようもなく、なってしまったら、そういうことなのだ。

0627000033.jpg

幸いなことに、仕事は、緊張しているのか?使い方が違うのか?
支障になることは、ほとんどない。
ところが、カメラはダメだ。
重さはもちろんだが、握り方や持ち続ける時間の関係なのか、
K-3>canon f1>minolta sr-1>hasselbladの順番に指が痛くなる。

0627000032.jpg

湖で夢中でバカみたいにK-3で連写した後は、指が曲がって伸びなかったほどだ。
加減ということを知らない自分が悪いのだが、
久しぶりに富士五湖まで来たと言うのに、
その後の樹海も河口湖の写真も、少なくなってしまった。

0627000031.jpg

指のことなので、少し前までは、何をしていても痛かったし気になった。
手の平は開いているのに、常に鉄のボールでも握っているかのように、
指がこわばって引っ張られる感覚がする。

瓶の蓋が開けられない、包丁を持っていられない、皿を割る、家事が回らない。
一日そんな状態なものだから、精神的にもイライラする。
写真もなんだかすっきりと面白くない。
ネットには、指がどんどん曲がっていくような画像が映し出され、
「このまま、妖怪のような手になっちゃうのかなぁ…」と思うと、
痛いよりも悲しくて、べそべそ泣いた。

0627000026.jpg

そんな時に、
「治らないよ。でも痛いのは改善できるよ…。」という、鍼と整体の先生に出逢った。
人によっても違うだろうが、わたしの場合は、鍼が効いた。
最初が10としたら、今は、3ぐらいの痛みだ。
指のこわばり感が無くなっただけでも、自分の指が戻ってきた気がする。
どんな表現か?と思うが、流暢な日本語で先生が聞くのだ。
『最初10痛かったとしたら、いまいくつ?』…と。

0627000028.jpg

べそべそ泣いたほどの指も、「言われてもあんまりわからないよ?」と
友人達が言ってくれるほど、さほど曲がってはいない。

0627000034.jpg

かかりつけのレディースクリニックの医師にまでこぼす。
「うん、この年代の女性に発生率が多いのだけど、
だからと言ってホルモンと関係があるわけじゃないんだよね。
以前、僕もずいぶん調べたんだよ。患者さんにそう言われることが多くて…。
原因がわかっていれば、治せるからねぇ…、でも原因不明。
だけど、必ずいつかは痛みがとれるものだから、それまでは自分に合ったことをして、
加減しながらでも好きなことは続けた方がいいよ。
残念なことに僕は治してあげられないけど…」
…そりゃそうだ…。
「手をさするくらならできるよ?(笑)」
…いえ、結構…人に話すことは、すごく救われる(笑)

0627000010.jpg  

きっと、これから先、指だけではなく、色々なことが変化していく時期なのだろう。
諦めたり、諦めなかったり、頑張ったり、上手く付き合ったりして、生きてゆくのだろう。

それでも、好きなことがあることは、きっと良いことなのだと思う。
「くっそー、写真撮りたいんだよっ!」
「どーにかなんないのかー!」とジタバタし続けたここ数カ月。
ここに来て、少し、自分の写真も好きになった。

わたしの白魚のような手が…とも思うが(本当か?…笑)
いずれは、おばあちゃんになるんだし、まあ、いいさね…♪




今現在、指の痛みはずいぶんと良くなりました。
無理をすると祟りますけどね。
PCのキーボードも長く続けているとダメみたいですけどね。
カメラも本当はもしかしたらダメなのかもしれませんが、
そー思わないようにしてますけどね。
なんだってガチで行きたいのです。
0600000015.jpg
先日、若い友人に「ガチで行きましょう!」と言われて、覚えた言葉(笑)

関連記事
スポンサーサイト
trackback: -- | comment: -- | edit

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。