Inu plus+

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

△page top

わたしの恋したハナミズキ 


0426r16250024.jpg

今年のハナミズキは、ざわざわとは、鳴らない…。

m042616260005.jpg

ハナミズキが咲かない…と思っていたら、
街は、もう、すでに、ハナミズキの盛りの時期だった。

m042616260024.jpg

なぜ、わたしは、ハナミズキが咲いていないと思っていたのだろう…。

042616250029.jpg

毎年撮る大きなハナミズキの木がある。
仕事に行く途中、自転車ですり抜ける瞬間に、
視界の右半分の世界が、ピンクと明るいグリーンになる。
自転車を止め、ああ、ハナミズキが咲いたな。
明日は、少し早めに出て、カメラを持ってこようと、そう思うのだ。

そして、次の日、そのハナミズキの枝を眺めながら、
わたしのハナミズキがざわざわと鳴る…と、息をつく。

042616250026.jpg

今年、その木はなくなってしまっていた。
老木だったのか、他に理由があるのか…、
なぜかはわからないが、枝が切られてしまっていた。

042616250027.jpg

そうか、だから、咲いていないと思ってしまっていたのか…。

ハナミズキが一番好きな花だと、わたしは言う。
けれど、、
わたしは、ハナミズキが好きなのか…その枝が揺れるのが好きだったのか…。

042616250025.jpg

改めて、街を見渡すと、街中のハナミズキが咲いていた。
花つきは、ぱっとしないが、確かに咲いている。
そう思って、ぼんやりと眺めていると、
散歩中の女性たちの話が聞こえてくる。

m042616260023.jpg

「今年のハナミズキは、すごく綺麗ねぇ…」

そうか、今年のハナミズキは、すごく綺麗なのか…。

042616250030.jpg

ざわざと鳴る、わたしのハナミズキに逢いたい…。


「もっと記事を書きやすく。投稿ページが新しくなりました。
※推奨動作環境Google Chrome最新版 さっそく試してみる」
と、FC2の投稿画面にちょっと前から書かれていて、
試してみましたが、
うまく使いこなせないのはわたしだけでしょうか…?(笑)
旧投稿画面で作成しておりまする。
(昨年の今日のcaroは、どーしても穴が気になる様子です→)
2014IMGP7291.jpg

関連記事
スポンサーサイト
trackback: -- | comment: -- | edit

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。