Inu plus+

欠けた月が見たい 


人魂に見えるぅぅ

(お題 『闇が呼ぶ』 by iPhone) *注

夜中に目が覚めて、
ああ、眠れそうもないな…と、お茶でも飲むか…と、ベットから起き上がる。
横を見ると、わたしが起きたことに気づかずに、犬はすこすこと寝息をたてている。

窓から入ってくる近くのマンションの非常灯の明かりと
ガスレンジの青い炎を見ながら、
昔は、窓から月が見えたのに…と思う。

*注)カメラでもiPhoneでも犬が急にリードを引くと、このような写真がとれまするぅ。

遊歩道です♪

 by iPhone

以前、『満月』という小説を読んでいた時に、もらってきた犬がいた。
その小説に出てくる犬の名をつけた。

彼は、わたしが少しでも動くと、「どうした?」とこちらを見るような犬だった。
夜中にトイレなど行こうものなら、どこへ行くのか?と確かめるまで静かにこちらを覗っていた。
お茶を淹れようと思えば、キッチンにもついてきた。

今の犬のように、ベタベタとのしかかって甘えてくるようなことはしなかったが、
今の犬とちがって、どんな時でも、わたしが見える側にいた。

わたしが、持ち物を落とせば、何も言わずともさっと拾い、
風に飛ばされた帽子を谷底まで取りに行ってしまったこともあった。
そのくせ、遊んであげようと、ボールやフリスビーを投げても、
一度として取ってきたことはなく、
若くして、わざわざ、わたしの不在の数時間を選んで、急に死んでしまった。

ぱーくん、はやく、うんうんして~。
(お題 『夜散歩―ブレブレでも楽しそう❤』  by iPhone)

そんなことを思い出しながら、ゆっくりとお茶を飲み、ベットに戻ると、
空いていたわたしの枕に、犬がちゃっかりと頭をのせて、すやすやと寝ている。
どいて…。と頭をなぜても、さっき以上にすこすこと寝息をたてている。

きみは、そんな犬だ。
果てしなく鈍感で、ノー天気な犬に、安らぐ毎日。。。




急に涼しくなって、夏の疲れが出る時期ですね。
別に憂いていて眠れなかったわけではなく、
昼間職場で相棒に「すこすこ寝てたよ!」(←犬並み)なほど
寝てしまって(爆)眠れなかったのでしょうねぇ…(笑)
カラーバージョンももちろんあるよ♪
よろしれば…ここのところ、友人と出歩いてばかりのわたしが、
嘘くさい(笑)セリフをつけて、真剣に(笑)撮っています→『a'』

関連記事
スポンサーサイト
trackback: -- | comment: -- | edit

△page top